事項検索 な行

言葉 な〜の 図・写真 話数 落語題名 演者
内職を禁じ ないしょくをきんじ 163話 今戸の狐 古今亭志ん朝
内藤守善 ないとうしゅぜん 196話 大坂屋花鳥 金原亭馬生
直す なおす 05話 居残り佐平次・品川心中 円生・志ん生
長い物には巻かれろ ながいものにはまかれろ 152話 大工調べ 立川談志
仲買いの弥市 なかがいのやいち 113話 金明竹 三代目三遊亭金馬
仲が良すぎる なかがよすぎる 171話 締め込み 八代目桂文楽
長崎から赤飯が ながさきからこわめしが 199話 長崎の赤飯 三遊亭円生
長崎に手紙 ながさきにてがみ 199話 長崎の赤飯 三遊亭円生
流しの按摩 ながしのあんま 222話 またかのお関 三遊亭円生
長襦袢 ながじゅばん 253話 後家殺し 三遊亭円生
長襦袢で布団に ながじゅばんでふとんに 105話 夢の酒 八代目桂文楽
中洲 なかす 65話 夢金 古今亭志ん朝
仲蔵 なかぞう 84話 淀五郎 三遊亭円生
中田留五郎 なかたとめごろう 264話 粗忽の使者 古今亭志ん朝
仲町芸者 なかちょうげいしゃ 161話 名月八幡祭り 三遊亭円生
長丁場の仕事 ながちょうばのしごと 152話 大工調べ 立川談志
長っ尻の熊 ながっちりのくま 284話 両国八景 八代目雷門助六
中根善之進 なかねぜんのしん 75話 札所の霊験 三遊亭円生
永のいとま ながのいとま 293話 鼻欲しい 立川談志
永の暇を請う ながのいとまをこう 287話 安中草三 三遊亭円生
仲之町 なかのちょう 252話 搗屋無間 八代目春風亭柳枝
仲働きが死んだ なかばたらきがしんだ 110話 江島屋騒動 古今亭志ん生
仲間3人揃った なかま3にんそろった 186話 鼻利き長兵衛 入船亭扇橋
仲見世 なかみせ 250話 甲府ぃ〜 古今亭志ん朝
仲見世 なかみせ 70話 松葉屋瀬川 三遊亭円生
中村仲蔵 なかむらなかぞう 44話 中村仲蔵 三遊亭円生
長持ち ながもち 211話 粟田口 林家彦六
長屋 ながや 192話 へっつい幽霊 三代目桂三木助
長屋 ながや 224話 搗屋幸兵衛 古今亭志ん朝
長屋 ながや 39話 猫定 三遊亭円生
長屋 ながや 54話 文七元結 柳家小三治
長屋 ながや 74話 水屋の富 古今亭志ん生
長屋の一同観念 ながやいちどうかんねん 181話 寝床 八代目桂文楽
長屋中大騒動 ながやじゅうおおそうどう 158話 梅若礼三郎 三遊亭円生
長屋中のかみさんが ながやじゅうのかみさんが 141話 大山詣り 三笑亭夢楽
長屋住まいの浪人 ながやずまいのろうにん 293話 鼻欲しい 立川談志
長屋の全員に断られ ながやのぜんいんにことわられ 181話 寝床 八代目桂文楽
長屋の月番 ながやのつきばん 139話 らくだ 八代目三笑亭可楽
長屋の月番 ながやのつきばん 248話 人形買い 三遊亭円生
長屋の豆腐屋 ながやのとうふや 89話 茶の湯 三代目三遊亭金馬
長屋の花見 ながやのはなみ 41話 長屋の花見 五代目柳家小さん
屋敷の塀 ながやのへい 159話 石返し 五代目柳家小さん
長屋の坊主 ながやのぼうず 49話 反魂香 八代目三笑亭可楽
長屋は店立て ながやはたなだて 181話 寝床 八代目桂文楽
長屋は丸焼け ながやはまるやけ 13話 富久 八代目桂文楽
中山みつ なかやまみつ 194話 三枚起請 古今亭志ん朝
長屋連中を連れ ながやれんちゅうをつれ 101話 小言幸兵衛 三遊亭円生
長屋を回って小言 ながやをまわってこごと 101話 小言幸兵衛 三遊亭円生
流山の大尽 ながれやまのだいじん 27話 紺屋高尾 三遊亭円生
泣くな〜〜、佐野山〜 なくな〜〜、さのやま〜 208話 佐野山 金原亭馬生
名倉で診てもらう なくらでみてもらう 185話 心中時雨傘 古今亭志ん生
殴られた なぐられた 127話 唖の釣り 五代目柳家小さん
長押のヤリ なげしのやり 293話 鼻欲しい 立川談志
那古太九郎 なこ たくろう 295話 生きている小平次 三遊亭円生
仲人 なこうど 82話 巌流島/岸柳島 柳家小三治
仲人は時の氏神 なこうどはときのうじがみ 278話 松田加賀 林家彦六
情けがアダになった なさけがアダになった 259話 小判一両 三遊亭円生
情けは人の為ならず なさけはひとのためならず 26話 佃祭り 三代目三遊亭金馬
情けは人の為ならず なさけはひとのためならず 50話 唐茄子屋政談 古今亭志ん生
馴染み なじみ 194話 三枚起請 古今亭志ん朝
馴染み なじみ 286話 盃の殿様 三遊亭円生
名題 なだい 44話 中村仲蔵 三遊亭円生
名題に昇進 なだいにしょうしん 84話 淀五郎 三遊亭円生
名代のコウコウ者だ なだいのこうこうものだ 208話 佐野山 金原亭馬生
灘の生一本 なだのきいっぽん 41話 長屋の花見 五代目柳家小さん
灘の生一本 なだのきいっぽん 66話 福禄寿 三遊亭円生
雪崩で川底に なだれでかわぞこに 213話 鰍沢 三遊亭円生
那智山の滝を彫る なちさんのたきをほる 268話 宗aの滝 古今亭志ん朝
納豆売り なっとううり 86話 ねずみ穴 三遊亭円生
夏の欠伸 なつのあくび 77話 欠伸指南 柳家小三治
七重八重花は咲けども山吹の実の・・・ ななえやえはなはさけどもやまぶきのみの・・・ 42話 道灌 古今亭志ん生
七草粥 ななくさがゆ 255話 七草 四代目三遊亭金馬
七越花魁 ななこしおいらん 255話 七草 四代目三遊亭金馬
七転び八起きだ ななころびやおきだ 223話 雁風呂 三遊亭円生
七つ立ち ななつだち 141話 大山詣り 三笑亭夢楽
七つの鐘 ななつのかね 71話 紋三郎稲荷 二代目 三遊亭円歌
何かの間違い なにかのまちがい 167話 宿屋の仇討ち 三代目桂三木助
浪花節 なにわぶし 265話 夕立勘五郎 古今亭志ん生
名主の源右衛門 なぬしのげんえもん 110話 江島屋騒動 古今亭志ん生
名主の源左衛門 なぬしのげんざえもん 102話 大師の杵 五代目三遊亭円楽
七日七晩一生懸命に なのかななばん いしょうけんめいに 268話 宗aの滝 古今亭志ん朝
鍋に片足を突っ込んで なべにかたあしをつっこんで 277話 鍋草履 桂歌丸
鍋に蕎麦玉 なべにそばだま 159話 石返し 五代目柳家小さん
鍋の物 なべのもの 263話 鶉衣 三遊亭円生
鍋焼きうどん屋 なべやきうどんや 61話 探偵うどん 古今亭志ん生
鍋を提げて なべをさげて 277話 鍋草履 桂歌丸
鍋ん中に草履を片っぽ忘れた なべんなかにぞうりをかたっぽわすれた 277話 鍋草履 桂歌丸
名前は なまえは 189話 ぜんざい公社 柳家権太楼
名前を”馬” なまえを うま 139話 らくだ 八代目三笑亭可楽
名前を聞かれたが、忘れたと なまえをきかれたが、 129話 三井の大黒 三代目 桂三木助
生首を毬信の墓前に なまくびをまりのぶのぼぜんに 283話 錦の舞衣 柳家喬太郎
ナマズ鍋 なまずなべ 71話 紋三郎稲荷 二代目 三遊亭円歌
浪島文治郎 なみしまぶんじろう 154話 業平文治 古今亭志ん生
涙が出て見えない なみだがでてみえない 124話 藪入り 三代目三遊亭金馬
涙がポロポロ なみだがポロポロ 297話 花筏 三遊亭円生
涙でこの月を曇らして なみだでこのつきをくもらして 261話 金色夜叉 初代林家三平
涙を流し朝を なみだをながしあさを 167話 宿屋の仇討ち 三代目桂三木助
南無阿弥陀仏 なむあみだぶつ 297話 花筏 三遊亭円生
南無三しそん寺 なむさんしそんじ 202話 山号寺号 八代目春風亭柳枝
南無妙法蓮華経 なむみゅおうほうれんげきょう 62話 刀屋 古今亭志ん朝
ナメクジは三杯酢 ナメクジはさんばいず 285話 饅頭恐い 立川談志
納屋の古葛籠 なやのふるつづら 174話 松山鏡 八代目桂文楽
奈良名物 ならめいぶつ 151話 二番煎じ 八代目三笑亭可楽
奈良茂 ならも 271話 たばこの火 林家彦六
奈良屋 ならや 119話 江戸の夢 三遊亭円生
奈良屋宗味 ならやそうみ 119話 江戸の夢 三遊亭円生
成田山 なりたさん 181話 寝床 八代目桂文楽
成田山新勝寺 なりたさん−しんしょうじ 202話 山号寺号 八代目春風亭柳枝
成田山は身代わりの木札 なりたさんはみがわりのこふだ 290話 安産 三遊亭円生
業平 なりひら 282話 千早振る 五代目柳家小さん
業平天神社 なりひらてんじんしゃ 291話 洒落小町 三遊亭円生
業平橋 なりひらばし 291話 洒落小町 三遊亭円生
業平文治 なりひらぶんじ 154話 業平文治 古今亭志ん生
業平の寮 なりほらのりょう 47話 なめる 三遊亭円生
癩坊の平吉 なりんぼうのへいきち 67話 和歌三神 古今亭志ん生
縄付き なわつき 63話 穴泥 八代目桂文楽
縄張りを荒らした なわばりをあらした 98話 大仏餅 八代目 桂文楽
ナンエン草 ナンエン草 69話 百年目 三遊亭円生
なんごのわたぬき目刺し なんごのわたぬきめざし 13話 富久 八代目桂文楽
難渋の者 なんじゅうのもの 223話 雁風呂 三遊亭円生
南蔵院 なんぞういん 60話 怪談 乳房榎 三遊亭円生
南蔵院 なんぞういん 78話 七面堂 橘家円蔵
何だかんだ なんだかんだ 83話 恋の山手線 四代目柳亭痴楽
南天竺マガラ国カビラ城 なんてんじくマガラこくカビラじょう 257話 御血脈 十代目桂文治
何刻だ なんどきだ 12話 時蕎麦 五代目柳家小さん
難波池に なんばいけに 257話 御血脈 十代目桂文治
南蛮物 なんばんもの 229話 しびん 八代目桂文楽
南蛮物の珍品 なんばんもののちんぴん 229話 しびん 八代目桂文楽
新潟名物 にいがためいぶつ 151話 二番煎じ 八代目三笑亭可楽
煮売り屋 にうりや 85話 ねぎまの殿様 古今亭今輔
匂いをご主人に においをごしゅじんに 162話 疝気の虫 立川談志
におうかぁ におうかぁ 171話 締め込み 八代目桂文楽
仁王門 におうもん 72話 四宿の屁 三遊亭円生
仁王門を抜けた におうもんをぬけた 171話 締め込み 八代目桂文楽
仁王門を抜けると におうもんをぬけると 115話 粗忽長屋 五代目柳家小さん
逃がしてやる にがしてやる 145話 権兵衛狸 古今亭志ん生
にがちはテンテコテン にがちはテンテコテン 234話 棒鱈 五代目柳家小さん
肉まん にくまんじゅう 285話 饅頭恐い 立川談志
逃げ帰ってしまった にげかえってしまった 280話 坊主の遊び 三代目三遊亭円歌
逃げ出したくなった にげだしたくなった 160話 干物箱 八代目桂文楽
二軒長屋 にけんながや 79話 安兵衛狐 古今亭志ん生
二軒の後藤さんが架けた にけんのごとうさんがかけた 120話 十徳 三遊亭円窓
錦絵 にしきえ 27話 紺屋高尾 三遊亭円生
錦絵に奥様の魂 にしきえにおくさまのたましい 109話 猿後家 立川志の輔
錦絵の女 にしきえのおんな 252話 搗屋無間 八代目春風亭柳枝
錦木 にしきぎ 217話 三味線栗毛 春風亭柳朝
錦の褌で総踊り にしきのふんどしでそうおどり 104話 錦の袈裟 桂文朝
ニシンとスケソウダラ ニシンとスケソウダラ 172話 権助魚 桂文生
偽金 にせがね 142話 星野屋 八代目桂文楽
二千両で買う にせんりょうでかう 262話 抜け雀 古今亭志ん生
二代は名人の称号を欲しいままに にだいはめいじんのしょうごうをほしいままに 147話 浜野矩随 立川志の輔
煮出した番茶 にだしたばんちゃ 41話 長屋の花見 五代目柳家小さん
荷足の千太 にたりのせんた 211話 粟田口 林家彦六
荷足船 にたりぶね 211話 粟田口 林家彦六
日朝さまに日参 にっちょうさまににっさん 99話 景清 八代目 桂文楽
二天門 にてんもん 254話 姫かたり 古今亭志ん生
二度と行かない にどといかない 128話 首ったけ 古今亭志ん生
二度のお勤め にどのおつとめ 255話 七草 四代目三遊亭金馬
二八蕎麦 にはちそば 12話 時蕎麦 五代目柳家小さん
二番を煎じておけ にばんをせんじておけ 151話 二番煎じ 八代目三笑亭可楽
二百両必要 にひゃくりょうひつよう 91話 双蝶々 三遊亭円生
弐兵衛店 にへいだな 259話 小判一両 三遊亭円生
二本差して にほんさして 215話 寛政力士伝 春風亭小朝
日本橋 にほんばし 199話 長崎の赤飯 三遊亭円生
日本橋 にほんばし 204話 箱入り 三遊亭竜楽
日本橋越前屋 にほんばしえちぜんや 108話 死神 三遊亭円生
日本橋の在 にほんばしのざい 170話 五人廻し 古今亭志ん朝
荷物の俵 にもつのたわら 242話 遠山政談 三遊亭円生
にゃ〜 にゃ〜 85話 ねぎまの殿様 古今亭今輔
入院したと にゅういんしたと 155話 お見立て 古今亭志ん朝
入水 にゅうすい 62話 刀屋 古今亭志ん朝
入牢中に妙義無宿の白雲の白蔵 にゅうろうちゅうに・・・ 287話 安中草三 三遊亭円生
女房”お梅” にょうぼう おうめ 49話 反魂香 八代目三笑亭可楽
女房”お岸” にょうぼう おきし 44話 中村仲蔵 三遊亭円生
女房”お滝” にょうぼう おたき 39話 猫定 三遊亭円生
女房”お竹” にょうぼう おたけ 56話 心眼 八代目 桂文楽
女房・おみつ にょうぼう おみつ 174話 松山鏡 八代目桂文楽
女房”おみつ” にょうぼう おみつ 76話 ぼんぼん唄 古今亭志ん生
女房”よし” にょうぼう よし 140話 小間物屋政談 立川志の輔
女房お梅 にょうぼうおうめ 75話 札所の霊験 三遊亭円生
女房おかの にょうぼうおかの 158話 梅若礼三郎 三遊亭円生
女房おかめ にょうぼうおかめ 298話 御家安とその妹 古今亭志ん生
女房おそめ にょうぼうおそめ 148話 おすわどん 桂歌丸
女房代わり にょうぼうがわり 79話 安兵衛狐 古今亭志ん生
女房と別れてしまえ にょうぼうとわかれてしまえ 101話 小言幸兵衛 三遊亭円生
女房のお花 にょうぼうのおはな 267話 橋場の雪 柳家三三
女房のお松 にょうぼうのおまつ 110話 江島屋騒動 古今亭志ん生
女房の仇 にょうぼうのかたき 224話 搗屋幸兵衛 古今亭志ん朝
女房の下着を洗濯 にょうぼうのしたぎをせんたく 289話 熊の皮 柳家喜多八
女房のノロケが面白い にょうぼうのノロケがおもしろい 186話 鼻利き長兵衛 入船亭扇橋
女房は起きない にょうぼうはおきない 262話 抜け雀 古今亭志ん生
女房は間男を にょうぼうはまおとこ 244話 法事の茶 三笑亭夢楽
女房は臨月 にょうぼうはりんげつ 186話 鼻利き長兵衛 入船亭扇橋
女房を取った間男だ にょうぼうをとったまおとこだ 206話 駒長 古今亭志ん生
女房をもらい にょうぼうをもらい 86話 ねずみ穴 三遊亭円生
庭は総体ミカゲ造り にわはそうたいミカゲづくり 193話 牛ほめ 三遊亭円窓
認可証が必要 にんかしょうがひつよう 189話 ぜんざい公社 柳家権太楼
任官 にんかん 80話 紀州 古今亭志ん生
人気が出た にんきがでた 205話 稲川 三遊亭円生
人形が動く にんぎょうがうごく 81話 片棒 雷門助六
人間だけを溶かす消化薬 にんげんだけをとかすしょうかやく 123話 そば清 古今亭志ん生
刃傷沙汰 にんじょうざた 273話 鈴ヶ森 立川談志
人参 にんじん 08話 文違い 三遊亭円生
人参 にんじん 229話 しびん 八代目桂文楽
人参とウマ煮 にんじんとうまに 135話 馬大家 二代目三遊亭円歌
人足を頼む にんそくをたのむ 81話 片棒 雷門助六
人別帳 にんべつちょう 253話 後家殺し 三遊亭円生
にんべんの鰹節の切手 にんべんのかつおぶしのきって 182話 山崎屋 三遊亭円生
ぬか屋 ぬかや 07話 藁人形 五代目古今亭今輔
抜かれる ぬかれる 87話 反対俥 桂文治
抜き身 ぬきみ 10話 蔵前駕籠 古今亭志ん朝
盗人 ぬすっと 21話 永代橋 三遊亭円生
盗人 ぬすっと 74話 水屋の富 古今亭志ん生
塗り笠 ぬりがさ 29話 たがや 春風亭小朝
濡れ衣 ぬれぎぬ 247話 王子の幇間 八代目桂文楽
濡れ放題 ぬれほうだい 110話 江島屋騒動 古今亭志ん生
寝返った ねがえった 211話 粟田口 林家彦六
根岸 ねぎし 283話 錦の舞衣 柳家喬太郎
根岸御行の松 ねぎしおぎょうのまつ 48話 お若伊之助 古今亭志ん朝
ねぎし三平堂 ねぎしさんぺいどう 89話 茶の湯 三代目三遊亭金馬
根岸の里 ねぎしのさと 89話 茶の湯 三代目三遊亭金馬
ねぎま ねぎま 85話 ねぎまの殿様 古今亭今輔
猫が魚をくわえて逃げ ねこがさかなをくわえてにげ 238話 一つ穴 三遊亭円生
猫かと思いました ねこかとおもいました 231話 ねずみ 三代目桂三木助
猫塚 ねこづか 39話 猫定 三遊亭円生
猫に小言 ねこにこごと 101話 小言幸兵衛 三遊亭円生
猫の命と引き替えに ねこのいのちとひきかえに 190話 お富の貞操 三遊亭円生
猫の忠信 ねこのただのぶ 232話 猫忠 三遊亭円生
猫の蚤取り ねこののみとり 77話 欠伸指南 柳家小三治
猫の脈を取る ねこのみゃくをとる 165話 代脈 三代目三遊亭金馬
寝込む ねこむ 34話 王子の狐 五代目柳家小さん
寝込むようになって ねこむようになって 185話 心中時雨傘 古今亭志ん生
猫を借りに来た ねこをかりにきた 113話 金明竹 三代目三遊亭金馬
寝酒 ねざけ 216話 赤垣源蔵 三遊亭円楽
ネジウメ ネジウメ 258話 提灯屋 五代目柳家小さん
寝姿 ねすがた 107話 水神 三遊亭円生
寝過ぎたのを悔やんだ ねすぎたのをくやんだ 206話 駒長 古今亭志ん生
根津権現の祭り ねずごんげんのまつり 185話 心中時雨傘 古今亭志ん生
根津の郭 ねずのくるわ 75話 札所の霊験 三遊亭円生
根津の遊廓 ねずのゆうかく 185話 心中時雨傘 古今亭志ん生
鼠一匹彫り上げた ねずみいっぴきほりあげた 231話 ねずみ 三代目桂三木助
鼠入らず ねずみいらず 138話 包丁 三遊亭円生
鼠がピタリと動かなくなった ねずみがぴたりとうごかなくなった 231話 ねずみ 三代目桂三木助
ネズミ小僧 ネズミこぞう 38話 しじみ売り 古今亭志ん生
ネズミの懸賞 ネズミのけんしょう 124話 藪入り 三代目三遊亭金馬
鼠の死骸 ねずみのしがい 68話 化け物使い 古今亭志ん朝
ねずみ屋 ねずみや 231話 ねずみ 三代目桂三木助
根津門前 ねずもんぜん 134話 白浪看板 三遊亭円生
寝床に ねどこに 102話 大師の杵 五代目三遊亭円楽
寝なくて結構 ねなくてけっこう 167話 宿屋の仇討ち 三代目桂三木助
子(ね)に臥し寅(とら)に起き ねにふしとらにおき 114話 塩原多助一代記 古今亭志ん生
寝不足 ねぶそく 74話 水屋の富 古今亭志ん生
眠り猫 ねむりねこ 231話 ねずみ 三代目桂三木助
眠れずに朝 ねむれずにあさ 216話 赤垣源蔵 三遊亭円楽
寝物語 ねものがたり 167話 宿屋の仇討ち 三代目桂三木助
寝られないからだ ねられないからだ 266話 庚申待 古今亭志ん生
練り ねり 81話 片棒 雷門助六
年期 ねん 194話 三枚起請 古今亭志ん朝
年期 ねん 195話 辰巳の辻占 金原亭馬生
年期 ねん 222話 またかのお関 三遊亭円生
年期 ねん 72話 四宿の屁 三遊亭円生
年季 ねん、ねんき 05話 居残り佐平次・品川心中 円生・志ん生
年季 ねん、ねんき 27話 紺屋高尾 三遊亭円生
年季があけ ねんきがあけ 117話 助六伝 五代目三遊亭円楽
年始挨拶 ねんしあいさつ 31話 柳田格之進 古今亭志ん朝
年始回り ねんしまわり 187話 羽団扇 立川談志
年始回り ねんしまわり 36話 御慶 五代目柳家小さん
年中貧乏 ねんじゅうびんぼう 275話 大名房五郎 三遊亭円生
年齢職業は ねんれいしょくぎょうは 189話 ぜんざい公社 柳家権太楼
脳天 のうてん 240話 普段の袴 五代目柳家小さん
脳天に のうてんに 75話 札所の霊験 三遊亭円生
能役者 のうやくしゃ 158話 梅若礼三郎 三遊亭円生
野ガラス のがらす 107話 水神 三遊亭円生
ノコ見せろ ノコみせろ 218話 道具屋 五代目柳家小さん
能勢の黒札 のせのくろふだ 290話 安産 三遊亭円生
覗きからくり のぞきからくり 28話 くしゃみ講釈 柳家権太楼
野幇間平助 のだいこへいすけ 247話 王子の幇間 八代目桂文楽
野田のお大尽 のだのおだいじん 255話 七草 四代目三遊亭金馬
野田の杢兵衛大尽 のだのもくべいだいじん 155話 お見立て 古今亭志ん朝
後添い のちぞい 166話 小烏丸 桂歌丸
後添いのおたね のちぞいのおたね 270話 五月雨坊主 林家彦六
後添え のちぞえ 231話 ねずみ 三代目桂三木助
後添えお亀 のちぞえおかめ 114話 塩原多助一代記 古今亭志ん生
乗っ取りを画策 のっとりをかくさく 270話 五月雨坊主 林家彦六
のっぺらぼう のっぺらぼう 285話 饅頭恐い 立川談志
ノッペラボウ ノッペラボウ 68話 化け物使い 古今亭志ん朝
後添い のとぞい 203話 笠と赤い風車 林家彦六
喉にトドメを刺した のどにとどめをさした 295話 生きている小平次 三遊亭円生
能登の国鳳至群七海村 のとのくにふげしごおりななみむら 06話 阿武松 三遊亭円生
のぼせの加減 のぼせかげん 165話 代脈 三代目三遊亭金馬
上り龍 のぼりりゅう 63話 穴泥 八代目桂文楽
飲み込みの伯父さん のみこみのおじさん 17話 宮戸川 古今亭志ん生
飲み逃げ のみにげ 154話 業平文治 古今亭志ん生
飲みに連れて のみにつれて 111話 鰻屋 古今亭志ん朝
野見宿弥神社 のみのすくね_じんじゃ 68話 化け物使い 古今亭志ん朝
飲み始め のみはじめ 138話 包丁 三遊亭円生
海苔の大問屋「長崎屋」 のりのおおどんや ながさきや 134話 白浪看板 三遊亭円生
糊屋の婆 のりやのばば 241話 羽織の遊び 三遊亭円生
暖簾 のれん 103話 ちきり伊勢屋 三遊亭円生
のれん のれん 52話 千両みかん 古今亭志ん生
暖簾ぐらい跳ね上げ のれんぐらいはねあげ 169話 ざる屋 金原亭馬生
のれん分け のれんわけ 52話 千両みかん 古今亭志ん生
暖簾分け のれんわけ 69話 百年目 三遊亭円生
暖簾を上げて繁盛 のれんをあげてはんじょう 179話 ざこ八 三代目桂三木助
のんこの茶碗 のんこのちゃわん 113話 金明竹 三代目三遊亭金馬

次行「は行」へ

 

 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー