山吹の花

八重咲きの山吹の花。枝が垂れ下がり四方に広がる 。
4、5月に桜が終わる頃に咲く。 花言葉、気品。
一重の山吹は黒い実がなるが八重には実がつかない。
雄しべも、雌しべも無い。何の為に咲くのでしょうか。
また、どうやって繁殖するのでしょうか。

一重山吹、「ばら科」 八重と同じに桜より少しあとの
4、5月頃に咲く。   五弁の一重咲き。
斜面に垂れ下がって咲き、花径は3〜4センチ。
金色を山吹色と言ったがこの花から出た色名。
この花には写真でも判るように雄しべ雌しべが有ります。

 

<戻る>

 


 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー