柳沢吉保上屋敷跡

 

 柳沢吉保上屋敷があった千代田区大手町です。上部に首都高が走る日本橋川に架かる神田橋(地図の右)から常磐橋(同下)までの西側範囲が柳沢吉保上屋敷跡です。
地下鉄大手町駅を出たところにある案内地図(右が北)より。

 神田橋の内側から吉保の藩邸があったところを見ています。手前の白いビルと隣の茶色いビルの左側。

 神田橋の外側から内側を覗いています。左側一帯が吉保の藩邸があったところ。

 明治30年頃の旧神田橋。

 現在の鎌倉橋(吉保時代は無かった)から内側が吉保の藩邸があったところ。

 JRガード手前の郵政省の跡地。左側はNTTの逓信総合博物館、その右の黒い建物はNTT。手前右側は東京国際郵便局。この背中方向にガードをくぐれば、下記の常磐橋があります。

 日本銀行前に渡す常磐橋。この左手前まで、柳沢吉保邸がありました。この石橋も大震災で通行止めになっています。

 

落語「雁風呂」に戻る

 

 


 

L [PR] @ďAEx ₦΍@킯菤i ^T[o[