御米蔵地図 


 
現代の地図に、江戸時代の御米蔵を重ねて書いてみたもの。赤い線で囲まれた
所が、 御米蔵で、櫛の歯状に堀が北から1番、2番・・・8番堀まで有った。また
御米蔵の周囲 は堀になっていた。蔵前通りの下図でいうと国道番号の”6”辺りに
鳥越橋があり、茅町 から出た駕籠は直ぐのこの橋で、賊の様子をうかがった。
御米蔵が終わって間もなく、 榧寺が見えてくる。

 

<戻る>

 

 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー